以下、FREEZE PRO SHOP BLOGより

4FRNT JAPANがマットの記事を翻訳しましたのでご覧ください。

よかったら日本語で読んでください。(注:長いですけどね)
4FRNTスキーの創業は2002年。そのころマット・スターベンツはフィッシャーに乗るプロスキーヤーでしたが、ツインチップのスキーが市場に出始め、フリースキー文化が猛烈な勢いで加速していた時代です。 スコ―バレーに拠点を置くマットは、非常に短い時間で多くの進歩を見ていましたが、スキー板に関してはけしてその速さについていっているとは言えませんでした。最近ではそれほど斬新なコンセプトのようには見えないかもしれませんが、当時はツインチップのスキーを手に入れることが本当に困難でした。当時アメリカもヨーロッパのスキーメーカーにほとんど依存していたので、4FRNTは必然的に発生したと言っても過言ではない。残念なことに、これらのヨーロッパのブランドの大部分はレーススキーにしっかりと根付いていたため、フリースキーの新しい波にうまくのることができず、チェアーリフトやリゾートの駐車場での会話でフリースキーに関する欲求が高まりそして、4FRNTが生まれました。自然な進歩の願いから、一握りのライダーが一同に会し、彼らの個々の興味を最大限に反映させました。
そのクル―の誰もが、スキーの形状に貢献しました。スキーの興味に合った形、スキーの利便性、バックカントリーフリースタイル、より大きなラインをスキーする必要性、地形パークでの競争などにです。マットは次のように語っています。「個人的にその時スロープスタイル、ビッグエアーにちょうどいいもう少し広くて堅いツインチップスキーがほしかった。です。より大きなジャンプとより柔らかい雪の中に着陸できるようになね。それに関してはMSP(Matt Sterbenz Pro)が成果を上げました。 15年後も毎シーズンのマットの車の後部に積まれたスキー。
これは謎ですが、多くのブランドが話をしていないことの1つは製造です - どこで、誰によってスキーが作られるのか。これとは対照的に、4FRNTは、製造ストーリーを継続的に透明化し、ブランドの物語にしっかりと固めています。彼らのために、ブランドのスキー製造全体が、フリースキ―への情熱を共有した彼らが会った人々を通じて明らかになった。エンジニアがいて、工場を見つけて、気がついたら彼らがスキーをプレスしていました。早送りの15年間、マットの主な焦点はブランド管理です。同社の成長に伴い、ヨーロッパでいくつかの製造関係を固めることができました。これにより、注目企業を社内の製品開発やブランディングに移行することができました。
「私はブランドディレクターです。私たちがやることのすべてが4FRNTのフィーリングを持っていることを確認してください。新しいスキーの形を作り出すこと、アスリートたちと協力して進歩させることなど、
過去数年間は、4FRNTと同時に登場した独立系ブランドにとって大きな変化があった。今年だけで、Amer SportsへのArmada Skisの販売、Lineの第3または第4の買収が見られました。これは、今日の気候(地球温暖化)において独立したスキーブランドとして生き続けることは可能なのでしょうか?
「昨夏の夏の4FRNTは、ラインスキー、フルティルト・ブーツ、Jスキーの創設者でもあるJason Leventhalによって買収されました。ジェ―ソンはブランドをK2に売却しました。そしてJ-Skisとして出発しました。今、彼は4FRNTの責任をリードするのを手伝っています。」
「アメアにArmadaを売却した今、それは大きな問題です。 Armadaは、LineがK2に売却されたのと同じように上場企業でした。このことは、私たちのような独立したブランドをもっと魅力的にするだろうと思う。個人的には、起業家であり、常に情熱的なスキーヤーであることをDNAの一部だと感じています。進歩するにつれてビジネスとスポーツに資金を提供するための他のイニシアチブを通じたものであろうとも、それが本当にフリースキーをユニークなものにしてくれるのです。それが私たちの文化の根元です。悲しいことですが、株式公開されている大企業の株主はスキー経済に再投資するのではなく収益性の高い市場へと移行している。株主の大多数が利益を業界から撤退させています。しかし、われわれ、誰もが自分たちの業界対する貢献を知っているので、独立ブランドは引き続き上昇して輝きます。 4FRNTは、私たちが過去15年間にわたり顧客とファンの支援を得て作ってきたこの事業でスキーをサポートすることに重点を置いて独立ブランドとして継続します。
FISやオリンピックに言及せずに、現代フリースキーについて語れません。それは、多分、鶏肉と卵、あるいはより適切には、業界内のマーマイト型の議論になっています。しかし、現代のパークスキーの資金がどこに行くのでしょうか。まあ、それはもう戻ってくることはありませんので、間違いなく死んだ馬を鞭打つことなります。運営組織と同様、FISの関与は、メディアのスポンサーシップや広告の権利を通じて資金を調達しています。今、客観的には、FISを憎むことはできません。しかし、しばしば見過ごされているのは、ライダーや、スポンサーに与えることができる財政コストとその後の感情的な緊張です。一部の人にとっては、それは有利なキャリアになることができますが、他の人にとっては、実際難しい。プロになるには多くの費用がかかります。 Lambosとcamoの大邸宅の時代は過ぎ去っています。マットは
「今日のパークスキーはスラロームやダウンヒルのようなFISです。ゲームのトップにいるアスリートたちは、スポンサーシップのために苦労しています。ブランドはパークスキーを販売してお金を稼ぐことはありません - それは単純です、特に大きなブランドです。彼らは宣伝が必要なので、スキージャンプや他のニッチなフリースタイルの分野をサポートするようになっているのはその理由です。それはABCで4年ごとに現れ、全世界が2週間それを見ているからです。彼らはレクリエーション・スキーの後ろからお金を稼いでいます。彼らがフリースキーから出す金は、バックカントリーにあり、ビッグマウンテンです。オールマウンテンであり。パークではありません。しかし、パークスキーヤーは、世界一周旅行しようとしている、テニスのように週末に地元のトーナメントで現金を獲得する機会があるわけでもなく、国の補助は十分ではない。
"現在、フリースキーは大きな変革を遂げています。それは非常にFISを推進していますが、同時に、フリースタイルの基礎から何が残っているかという点で、本当に「コア」なものを見たいと思ったら、それはストリートにあります。都市の子供たち、つまりそのコアは、フリースキーが設立された精神だ」
「あなたがプロスキーヤーであれば、FISポイントを追うか、ムービーセグメントを追いかけることになります。ストリートやバックカントリーで、今日のソーシャルメディアでは、『ツインチップ』や『ニュースクールスキー』が始まったと言えば、私たちは17年。ソーシャルメディアはこれほどに長くなっています。我々の時代6誌あった雑誌もいまで2〜3誌しかありません。今日、ソーシャルメディアプラットフォームの影響力の大きさがわかります。したがって、合法的なコンテンツを要求する需要は非常に高く、フルタイムの仕事であり、生計を立てることができるスキーヤーの一番上のパーセンテ―ジではそれで食べていける。
"私はいつもプロであることはスキーの約50%で、残りの50は自分をいかにそれに近づけることだと言います。良い人であること、良い評判を持っていること、社会的影響を受けていること、そして何人の人々があなたに傾倒しているかがとても重要です。それを『エクストリームスキー』の時代では、スコット・シュミットのサロモン、グレン・プレイクのK2のように完全にブランド化することができました が今日では、ブランドがどのように識別され、アスリートがどのようにマーケティングされるかにかかっています。ライダーは、自信を持って、目立つように積極的にブランドを立てなければなりません。彼らは非常に謙虚ですが、公共のイメージでは彼らはまったく異なっています - 彼らはほとんど俳優のようです。ショーン・ぺティットはインタビューの中で、「私はエンターテイナーだ」と、彼は人を楽しませる目的でスキーをしています。彼はプロです。それはとても成熟したポジションです。
マットの率直で客観的なスキーの見方は、おそらく4FRNT自体の堅実に独立した草の根の基礎に反映されている。彼は遅れることなく、トレンドに飛びついた。彼はスポーツの概念だけでなく、それに付随する文化の最前線にいた。そして、彼はその文化を保存し、未来の世代にフリースキーを導くのが4FRNTの使命であると。この誇りはスキーとビジネスへのアプローチと、息の長い4FRNTの独立した世界的にブランドを代表するタイトニットチームの証でもある。
「一部のブランドが特定の消費者層をターゲットにしており、全体像を考慮していないのは非常に興味深い。私はジュニアスキーで子供たちの最初のペアは4FRNTであることをとても光栄に思っている。もちろんはファウンダ―である自分はその恩恵にあずかることはできなかったのだが。私はロシニョールとオーリンで育った。現在、彼らとのつながりはないので子どもたちのために幅広いスキーを提供することができます。私たちのスポーツの一番上にいる人々への道です。 4FRNTが持っている『シェーピングスキー』の哲学は、多くの地形と多大な能力をカバーする形状の幅広いバリエーションを提供しています。4FRNTは本当に年中スキーをしているスキーヤーのためのブランドです。」
最後にマットは、
「誰かが私に何をしているのかと尋ねたら、私はスキーヤーだと言いたい。たとえば飛行機で隣の人にとかにね。そして、多くのお客様が私と同じように感じていると思います。それが、私たちのルーツ、スキーです。」