BDたしろです。
INTHAYNEに続いて、今日はMSPとMSP Wのご紹介です!
MSPと聞いて、おや?と思われた方はフリースキー通の方ですね(^^)
4FRNTが創業された当初(2002年)から販売されていた社長マット・スターベンツ(Matt Sterbenz)のシグネイチャーモデル”MSP”。
2012年を最後にしばらくカタログから無くなっていましたが、この度4FRNT創業15周年アニバーサリーモデルとして満を持しての復活です!
今回の復活に当たっては女性向けモデルのMSP Wも同時にリリースされます。

社長自らのシグネイチャーモデル、さすがライダーズブランドといえるところです。
MSPはMatt Sterbenz Promodelの頭文字が由来です。
社長であるマットは4FRNTのライダー陣に名前こそ連ねてはいませんが、
もともとモーグル選手からフリースキーへ転向し、ライダーとしてTGRなどのスキームービーでも活躍、そして今もバリバリの現役スキーヤーです。
実際、創業15年の会社社長といっても創業時が若かったからまだバリバリの30代。
2016年の2月に来日したときも、誰も追いつけないほどの登り&滑りの速さで僕たちをおどろかせてくれました。
滑りももちろんカッコよかったですし、何より印象的だったのは非常にまじめな男で、飾らずに常に周りに気を配れる正に”ナイスガイ”だったことです。
こんな人物がフリースキーへ情熱を注ぎこんで15年もブランドを続けて来ているという事が、なんだかとても嬉しかったです。

かぐらスキー場の和田小屋にて、RAVENの説明を僕らにしてくれているときのマット。

さてそんなマットのシグネイチャー、以前のMSPからは完全に新しいものに生まれ変わりました。
詳細のSPECなどは、先に別の記事でアップしているカタログを参照いただければと思います。
旧MSPはオールラウンドではありましたがどちらかといえばパークライドからゲレンデメインな印象でしたが、新MSPはさらにぐっと世界を広げてゲレンデ全体からサイド、バックカントリーに至るまで、どこでも滑れる板に仕上がっています。
ウエストは99mmと太すぎず、アーリーライズの形状とあいまってパウダーでの浮力もGOOD!
またトップからテールまでチタンがラミネートされ、剛性が高く安定感が抜群です。高速でのカービングがとても気持ち良いです。
ベーシックなターンが出来る方=中・上級者向きの板となりますが、3サイズ、フレックス、ロッカー形状、全てが高いレベルで絶妙にバランスしているため、きれいに圧雪されたバーンはもちろん、硬いバーンでも、ふわふわのパウダーでも、荒れたオフピステでも、これ一台でどんな所でもどんな山でも楽しめます!

4FRNTの他のラインアップでサイズや性格が近い板としてはARETE(旧KYE95)があります。
どちらか迷ってしまう方がいたら、
・バックカントリーがメインで登ることの多い方にはARETE
・ゲレンデをメインとして時々BCもという方にはMSP
がおすすめですね。
これから少し太い板を履いてみたいという方にも、またパウダー板は持ってるけどゲレンデでは柔らかすぎて面白くないんだよねという方にも、ぜひ乗っていただきたい板です。

MSP Wは、MSPと同じコンセプトで、女性の骨格に合わせた重心に作られています。
グラフィックの植物の葉が印象的なデザインですね!

7/21(金)〜24(月)の展示会でサンプルを用意しています。
興味のある方はぜひ実物をご覧になってください!(^^)

4FRNT JAPANカタログが出来上がっておりますので画像をご覧ください。

店頭にカタログがございますので、欲しい方はご来店の際スタッフまで声をかけてください。

サンプルスキーは7/21~7/24に当店の展示会でじっくりご覧いただけますので要チェックです。
詳しくはこちら2017 W NEW MODEL 展示会

























最後にサンプルスキーは7/21~7/24に当店の展示会でじっくりご覧いただけますので要チェックです。
詳しくはこちら2017 W NEW MODEL 展示会
From:yoshizawa


毎日暑い日が続きます〜

早くも冬が恋しいです。

今年の夏は白のTシャツに胸ポケットがトレンドとなっていますね。
街を見渡すと本当に多いです。

無地の白は新鮮ですが、飽きがくるのも早いかな〜。

今日は白の話題です♪

こちらORAGEの新作の白でCATHです。

女性のためのORAGEウエアーで注目度NO.1はこの花柄です。
ORAGEを取り扱う各国のバイヤーさんにもとても評価が高かったんですよ!
花びら一枚一枚の模様とカラーがそれぞれ違っています。





ダークグリーンに淡いカラーの花びらがとても色合いが素敵です♪
緑系、ブルー系、ピンク系。。。

さらにボディーの白がこの淡い花びらを引き立たせています。

白は膨張色ですので敬遠されがちですが、白だからこそ
CATHのこの花柄はゲレンデでみんなの目を奪うのでしょう。

シルエット
ウエストのくびれているウエアーとくびれていないものどちらが好きですか?

あなたの好みのシルエットを作ることができます。
ウエスト部にもドローコードが付いていて調整が自在にできます。


カジュアルスタイルが好きならウエストを絞らずに、

シルエットに女性らしさをイメージするならウエストを絞ってください。

随分と見た目が変わるでしょう(◎_◎;)

そして、冬にはゲレンデでもおしゃれにSKIING!

展示会でサンプルをご用意しております。

実際に袖を通してご覧ください。

皆さまのお越しをお待ちしてます。

PS.展示会は7/21~7/24
7/23には飲み会もありますのでご参加ください。
詳しくはこちら2017 W NEW MODEL 展示会


BDたしろです!
今日は来期の4FRNTからのNEW MODELの目玉のひとつ、INTHAYNE(インセイン)のご紹介です!
名前はこの板を自身のシグネイチャーモデルとするセイン・リッチ(Thayne Rich)と
insaneという言葉からの造語で、insane(インセイン):正気でない、気が狂った、という意味から「やばい!」とか「凄い!」というニュアンスがあります。
そのネーミングが何をかいわんや!といったところですね(^^)


板のお話の前に、まずセインの説明をしておかなければなりません。
セインは4FRNTのグローバルチームの中では一番新しいメンバーです。
まずは彼のスキースタイル、百聞は一見に如かずということで...


Introducing Thayne Rich from 4FRNT Skis on Vimeo.



ご覧の通りインセインなスタイルです(笑)
バックカントリーのパウダーでのエアやトリックなど、同じ4FRNTライダーの先輩であるワイリー・ミラー(Wiley Miller)とフィールドは被りますが、それぞれに個性のあるスタイルで二人とも映像から目が離せない魅力を持っています。

さて、フリースキーの革新性の一つは、 ”ツインチップ”構造のスキーにより前後両方向への滑走が出来る!ということでした。
このことはフリースキーの可能性を大きく広げ、ジャンプの踏切りや着地をスイッチ(板を逆方向に走らせる事)で行うことでトリックのバリエーションも楽しみ方も飛躍的に広がりました。
当然ワイリーとセインもスイッチでの滑走を行いますが、パウダーでのスイッチはライダーの技術はもちろん板の形状が非常に重要となります。
ワイリーには自身のシグネイチャーモデルの名機YLE(残念ながら今期で生産終了となってしまいましたが...)というツインチップモデルがありました。
セインもDEVASTATORというパウダーですばらしい性能を発揮するフルロッカーのツインチップをとても気に入って愛用していましたが、活動フィールドがさらに深いパウダーとなってきて、更なる浮力を必要とすることとなってきました...


ところでセインはライダーでもありますが、夏の間は4FRNTの本社であるユタ州ソルトレイクのホワイトルームでスキーの製作もしています。
(ご存知の通り、4FRNTでは一部のシグネイチャーモデル[Renegade、Raven、Wiseの3機種]はWhiteroomでハンドメイドされています。)
4FRNTのフラッグシップモデルともいえるRENEGADEは言わずと知れたパウダーの大御所エリック・ホレイフスン(Eric Hjorleifson) のシグネイチャーモデルですが、セインもこの板はとてもお気に入りだそうです。
ただこの板はツインチップではないため、パウダーでのスイッチは雪に刺さってしまうので向かない形状です。
そこで…
板作りのプロでもあるセインが、自身の手によりRENEGADEをツインチップ化し、パウダーでのスイッチ滑走、スイッチ着地を可能にしてしまいました!

パウダースキーの名機RENEGADEは、多くの方から高い評価をいただき愛されている板です。
素材の見直しなどで軽量化がされたりして今も進化し熟成されてはきていますが、基本的なディメンションやサイズはデビューから変わらず、ある意味完成された形状とも言えます。
そのRENEGADEのシェイプをそのまま引き継ぎ、テールを上げてツインチップにしてしまったという、ある意味乱暴とも思える板(笑)、それが”INTHAYNE”!


INTHAYNE 16/17 from 4FRNT Skis on Vimeo.



実際に乗ってみた印象はというと、ベースがRENEGADEだけあり基本的な特性はRENEGADEに準じますが、テールが上がっているためターンの抜けが良い印象で、回しやすく感じました。
スイッチでの滑走は非常に安定感があり、またリフレクトテックのおかげで整地でも非常にコントローラブルです。
フルロッカー形状によりパウダーでの浮力は充分!スイッチで思いっきりパウダーに突っ込んでいけそうです。
RENEGADEも実は整地でのスイッチの調子はとても良かったのですが、ツインチップとなることで いままでのRENEGADEの滑りの世界から一歩踏み出しました。
滑り手であり作り手である4FRNTというブランドならではのプロダクトは、僕らをとてもわくわくさせてくれます!
この板でセインが今後どんな映像を見せてくれるのかもとても楽しみであります。
また、実際にセイン自らがハンドメイドで作っているというのもなんだかうれしいですね(^^)。
上の写真にある通り、カラーは2種類。レッドとグリーンからお選びください!

蛇足になりますが、最後にもう一つだけINTHAYNEに関するエピソードを。
もともとこの板は本国のみの限定生産で、昨シーズンにレイトモデルとしてリリースされていましたが、日本での販売は考えられていませんでした。
ところが、セインが昨シーズンに日本に滑りにやってきたときに、もともとアメリカで知り合いだったという我らが4FRNT TEAM JAPANの下村雄太君と白馬で再会、その際に日本にINTHAYNEが無いことを知りそれならばと自分のはいていた板を下村雄太君に置いていったのが日本のINTHAYNE第一号となりました。
そこから話が進んでいって、日本での発売が決まったのでした(^^)。縁というのは不思議なものですね〜。

7/21(金)〜24(月)のBD展示会にももちろん展示しています!(カラーはレッド)
是非ぜひ実物を見て触りに来てください(^^)
お待ちしておりま〜す。
先日ご紹介したCieleに、新作がやってきました!
ジョギングからトレランなどのランニングを始め自転車にもフィット。
その通気性の良さや軽さ、かぶり心地の良さなどの機能性の高さに加えて、
何よりカラフルでおしゃれなデザインが大きな魅力です。

まずは、ニューモデル!
SPDCap “TG” Red Rocks Edition







今までのGOCap、FSTCapに比べても小さめな”つば”と全体のコンパクトさがスピード感を感じさせます。
空気抵抗も少なくサイクリングにフィットするニューモデルです!
反射素材をさりげなくデザインに取り入れ、カッコよく夜間の安全性も確保。
他のモデル同様COOLwick素材で速乾・通気性の良い快適なかぶり心地です。



次に、これからの季節にぴったり!メッシュ素材になった
TRLCap “Mesh” Whitaker Edition



ベースボールキャップタイプのTRLCapの新作です。
全体がCOOLwickのメッシュ素材となり、今までで最もクールで通気性の高いモデルとなります。


後部は特に目の大きなメッシュで見るからに涼しそう。


黒のモノトーンでシンプルなデザインがCOOL!


つば裏のロゴもGOOD!


楽天BD ONLINEではこちら!
SPDCap “TG” Red Rocks Edition
TRLCap “Mesh” Whitaker Edition

他にもCieleいろいろ。お気に入りのデザインをみつけてください。
http://item.rakuten.co.jp/bdonlinestore/c/0000000833/

BDスタッフたしろです!

7月に入り、蒸し暑さが倍増してきましたね。
こんな日にはウォータージャンプで水にザブンと飛び込みたいものです(^^)

さてさて、あつしさんの投稿に続き、展示会に向けてぞくぞくと集まってきているニューモデルの中から
順次商品の紹介をしていきたいと思います!



来期ORAGEのメンズジャケット、"JEFFERSON"

モデル名としては今年で3代目となるジェファーソンですが、今年のモデルの印象は一言でいうなら「上質」。
これまではいくつかのカラーの切り替えによりカラフルでカジュアルな雰囲気を持ちつつの上品な作りのウェアでしたが、来期は単色で落ち着いたカラーが印象的な、シンプルでありながら細部までこだわりを感じるデザインとなっています。

インサレーション(綿入り)なのでとても暖かいのですが、必要な場所に必要なだけのインサレーションを配置することにより、厚ぼったくならずにすっきり軽いのが印象的です。
綿入りでありながら軽やかで、プライム20のストレッチ性と相まってとても着心地よく仕上がっています。


左胸のポケットは大きなフラップに覆われていて、雪や雨の日でもスマホや無線などの出し入れの時などに雪などの侵入を防ぎます。
またホルダーが装備されているので落下のリスクも減らせますね!


口元のメッシュは息の抜けを良くし、結果ゴーグルの曇りの防止にも役立ちます。


最近増えてきた非接触ICチケットを入れるのに適した腕のポケット
非接触とはいえ胸ポケットだとセンサーに近づけるのにかがんだりしなきゃいけなかったり、携帯やスマホを近くのポケットに入れていると反応が悪いこともあるので、ここへの収納は理想的ですね。


なにげにあった方が絶対に便利なのは大きなゴーグルも入るゴーグルポケット!
ゴーグルを使わない時は頭に着けてると曇るばかりですので、ここへ入れておくのが正解です。


無線機からのイヤホンや、音楽を聴くためのスマホからのヘッドフォンコードの取り回しも、胸のポケットから内側へ線を通す穴が用意されています。BLUETOOTHが普及してきたとはいえ、極寒のなかではバッテリーが弱ることもあり、まだまだ有線も活躍しそうです(^^)


手首にはゲイターが付いているのであったかです。
もし不要な場合は、薄手のゲイターなのでそのまま腕を通してしまえばあまり邪魔にならないかと思います。


ROCK PRINTという柄もいい雰囲気です。
カモ柄風の、来シーズンのORAGEでは他のモデルでも多く採用している柄ですが、これも派手すぎず地味すぎずかっこいいです!

最初にも書きましたが、今度のジェファーソンは質感の高さが最大の特徴と思います。
写真では(特に僕の下手な写真では^^;)伝わり辛いので、是非実物を見て、着て頂きたいところです(^^)。
派手さはないかもしれませんが、オトナっぽく落ち着いた雰囲気で、その着心地にもきっと満足いただけるジャケットだと思います。
是非BD展示会でご覧ください!
FROM BLACKDIAMOND あつし

下北は今日も蒸し暑いですが、今年のORAGE BCウエアーのお話です。

今シーズンはかぐらスキー場で楽しくパウダーを皆さんと滑ることができて良いシーズンを過ごしました。雪も充分ありコンディションも最高で、みんなのあのハッピーな顔が見れてとても良かった。何より自分が楽しめました(笑)

パウダーステーションツアーも回数は少なかったですが、怪我もなく充実したツアーができました。最近は多くのパウダージャンキーの鼻息も荒く良いラインを探すのに苦労しました。


やっぱり面ツル、サラサラパウダーいきたいですものね〜

ただ隊長のアキレス腱断裂は想定外でしたが。。。

現在順調に回復され、来シーズンもやる気満々ですので安心してください。

ご協力者いただきました皆様のおかげで、良いシーズンを乗り越えることができてとても感謝です。

ということで、NEW MODEL ORAGEのウエアーテストもできました。



今年はバックカントリー用シェルタイプのORAGEウエアーのマウンテンモデルが2年ぶりにフルリニューアルしました。自分自身、実際に山で使いましたが、快適でとても気に入ってます。

前社長はゴアテックスのBC用ウエアーをORAGEで作って欲しいと本国に要望し、1415モデルは製品化され良かったのですが、1516シーズンはバックカントリーで使えるシェルタイプのウエアーがなくてとても残念なシーズンとなってしまいました。


フリースタイルスキーヤーらしさと機能性の融合
ORAGEはフリースキースピリットを持つブランドで、常に革新的なスタイルを掲げてウエアー作りをしていますので、フリースキーショップからの提案にピッタリです。

今回ご紹介するのはORAGEのマウンテンXというシリーズでバックカントリー、パウダー用のウエア“RAMBER(ランブラー)”です。


英語でRamblersで調べると放浪者という意味。Rambleで散歩です。
なんとなくですが、いろいろなところを歩いて良いところを見つけて滑ることを想定してのネーミングなのかなと思います。

バックカントリーを滑るために必要な動きを想定し、素材と機能とデザインが備えられています。ORAGEは今は亡きJPのシグネーチャーRETTALACKという名前でゴアテックスのバックカントリー用ウエアを作っていましたが、一年お休みし昨年から本格派BCウエアーをリリースしました。

今年このウエアーを使用したのですがとても良かったです。

山を登っている最中に気を使うのは温度調整ですが、その中で特筆すべきは素材です。
素材の名前はJELANOTS(ジェラノッツ)で日本の素材で豊田通商の生地です。
バックカントリーでは
・約2倍の透湿性があり汗の抜けが良く蒸れません。
・Mサイズで690グラムと軽量なので着ていて楽です。
・生地が全てストレッチするのでサイズを落としてもつっぱりません。
・ 素材も丈夫で長持ちします。

ゼラノッツは特殊ポリエステル系樹脂を採用することにより、従来の約2倍の
透湿性という機能向上を果たしました。

高機能を求め、環境意識も高い世界の主要なスポーツ・アウトドアブランドに多く採用されています。
詳しくはこちらをご覧ください。
TOYOTA TSUSHO

生地はとてもしなやかで軽く、ストレッチが効いていて着心地も抜群です。

機能性もなかなか工夫されてます。

とても良かったのが、サイドジーパーが脇の下まで全開になりポンチョタイプになるので、降雪時に登る際、サイドを大きく開けるとかなり暑さを軽減できます。
ウエアーを脱いだり、着たりするのは面倒臭いので手間が省けます。
PONCHO VENTING SYSTEM

さらには、フロントジッパーもダブルになっているため、暑い時はシングルにすると快適です。これも結構使いました。
SCREEN DOOR VENTING

胸の無線ポケットは大きく開く2WAYジッパーとなっていて、物を取り出しやすい。
RADIO POCKET



今年は、ORAGEライダーの遠藤夏樹君と八甲田のガイドでお世話になっている松原君に使ってもらいました。ちょっとメインのジッパーが硬めですねという意見もありましたが、YKKを使っているので問題ないかと思います。


来季のBCウエアー“RANBLERは、ジャケットの裾のカラー変更だけですが大変お勧めできるウエアーですので、7/21~7/24のニューモデル展示会で是非サンプルのご試着をしてみてください。
2017 W NEW MODEL 展示会
では皆様、お待ちしておりまーす!

PS.数量が少なめですので、お早めにお願いします。
なんだか最近熱帯化してきた東京の梅雨ですね。
降るときはドバーと降り、降らない時はなんだか天気が良かったりする奇妙な梅雨ですが、個人的には過ごしやすくていいかなーと思ったりしてます(^^;)
今日はそんな梅雨時も、また梅雨が明けた夏の時期も大活躍するバックパックのご紹介です!

オーストラリアのアウトドアブランド”SEA TO SUMMIT”から、LAPID26L。



このパックの最大の特徴は何と言っても防水性!
雨なんかへっちゃら、カヌーや沢登りでも大活躍な丈夫なパックです。
基本的にはとてもシンプルなデザインで、荷物の出し入れ口はロールトップでくるくると巻いて閉じます。
内側は内容物の視認性の良い白色。




しっかりとしたショルダーベルトは通気性が良く乾きの早い構造と素材で出来ています。



夏の水場での遊びにぴったりなパックです!


楽天ではこちら

更に容量の大きい35LのFLOWもあります。
BDで取り扱い初めて2年になる、カナダ生まれの“Ciele”
カナダの文化や住宅情報などが満載のセルコマガジンさんにてご紹介していただきました!
是非皆さんにも読んでいただきたいのでここに転載させていただきます。(^^)





走るために作られたランニング専用キャップ
<シエル・アスレティックス>

 カナダでは、ジョギングは日本以上に盛んです。大都市であっても遊歩道など歩行者専用トレイルが充実しており、早朝はもちろん、昼間は仕事の合間に、そして夕方にも大勢の人がランニングを楽しんでいます。多くのカナディアンにとって、走ることはスポーツというよりも、もはや日常の一部といえるほど、日々の生活の中に溶け込んでいるようです。
 そんなカナダならではの環境の中から誕生したのが「シエル・アスレティックス」。ランニング専用に開発された、スポーツキャップのブランドです。設立は2010年。モントリオールの二人の若者「走ることはライフスタイル」というジェレミー・ブレズネン氏とマイク・ジャイルス氏によって立ち上げられました。きっかけは、自分たちが走るときに満足できるキャップがないという、シンプルな動機からでした。
ランニング専用という用途を絞りこんだキャップ作りは、二人にとってもかなりチャレンジングな取り組みだったようですが、発売からほどなく、口コミを中心に評判となり、北米各地で人気に。現在ではヨーロッパやアジア、オセアニアでも販売され、世界中のランナーに愛用されています。
人気の秘密はもちろん、走ることに特化した機能性にあります。素材には「クールウィック」という高機能繊維を使用。大変軽量で吸水・速乾性に優れており、肌から汗を吸い取り、しかもすぐに乾かしてくれるため、長く走ってもムレにくく快適。加えて、フロント部分とブリムにはUPF+40(衣類の紫外線保護係数)と高レベルのUVプロテクションがほどこされ、きつい陽射しの下でのランニングにも対応しています。またロゴなどの装飾部には反射板の効果があるので、夜間走行も安心。ブリムは大変しなやかなので常に頭にフィットし、しかもコンパクトに折りたたんで持ち運びが可能です。
さらにうれしいのは、洗濯機の通常モードで洗える点。汗まみれになるのが前提のランニングキャップとしてはこれは必須条件です。洗った後は吊るし干しが推奨されていますが、急いでいるなら乾燥機に放り込んでもOKというのも助かります。
こうして走ることを目的に作りこまれたキャップですが、面白いことに、実際に使ったランナーたちを中心に、日常使いとしても愛用されるようになっているのだとか。気持ちよく走れるのだから、生活の中で使っても快適なのは当然というわけです。
デザイン、色ともに、選択肢はかなり豊富で、普段着感覚でかぶれるタイプも充実しています。あなたのランニングシーンやライフスタイルに合わせていくつか選び、そのかぶり心地を楽しんでみませんか。


楽天BD ONLINE STOREでも購入できます。
こちら
カラーも豊富で選ぶのも楽しいです(^^)

---
セルコマガジンさんはセルコホームさんという会社の季刊誌です。カナダ輸入住宅に興味のある方はこちら

Cam ttb Squaw park from 4FRNT Skis on Vimeo.



春らしいパークの映像が、なんとも楽しげです(^^)

一般的にはすっかりスキーシーズンは終わってしまっておりますが、まだまだ滑れるところはありますね。
パウダーステーションのある白馬はGWで終わってしまいましたが、かぐらはまだまだ雪たっぷり!
パークも調子良さそうです。上の映像とはまた違った雰囲気で、大勢でワイワイ楽しく滑れますヨ!
来週末までとなりますので、滑り足りない方は是非!

そしてそして、かぐらパウダーステーションでは今日からFINAL SALEが始まりました!
かぐらへお越しの際は是非お立ち寄りください。掘り出し物があるかも!?

スキーはもう終了して街をぶらぶら、という方は下北沢でお待ちしております(^^)

BlackDiamond Sales Brand

uh Shimokitazawa 3F

uh Shimokitazawa 1F

BlackDiamond Shop Information

Pro Shop

BlackDiamond facebook

BlackDiamond Linls